惜みなく愛は奪う

 

今日は珍しく 彼氏と会わない日曜日でした。

わたしはわたしが 精神的に不安定にならないか心配だったけど、

朝起きて

野菜ジュースを飲んで

靴を三足洗って

パスタを茹でて

喫茶店で本を読んで

夕方の河川敷を散歩して

昔習ってたピアノを弾いていたら、

おどろくくらい心が満たされていて。

さみしいとか会いたいとか 一切思わなかったし

むしろ彼氏から そういった旨の連絡がきていて。

 

なんていうか、いまのわたし、いいな って思ったんですよね。

 

彼氏(だった人)に振られて、ODしてラリった状態で外に飛び出して軽トラックにはねられた あの頃を思い出すよ。

ドライヤーのコードで首をくくったあの頃。

キャバクラの体験入店でひどい頭痛になったあの頃。

ウィンストンのキャスターに火をつけないと落ち着かなかったあの頃。

マイスリーをつまみにウイスキーを飲んでいたあの頃。

てきとうな男とてきとうなLINEしててきとうなラブホテルで寝ていたあの頃。

 

数年前のわたしと比べて相対的に かもしれないけど、

いまのわたしを わたしはすきです。

 

さみしい会いたい愛してるよ、愛してよ会いにきてよ愛してよって いくら叫んでも、

むしろ叫べば叫ぶほど、愛は遠ざかっていくんだね。

 

「この人がいなくなったらわたしはもう、どうしようもない」

そんなふうに思うようになったら、もう終わりなのかもしれないな。

 

べつに彼氏のことは好きだし愛してるけど、わたしのすべてではないし、仮に失ったとしてもわたしはわたしでいられるよ。

わたしはいまの生活を十分に楽しんでいるし、仕事でもプライベートでも、手ごたえのある男だっているよ。

そういうスタンスでいると、勝手にむこうから追いかけてくれるようになっている。

 

 

どうせなら、愛するより愛されたいな、

あしたは新しいリップと新しいスカートで出かけよう。

 

惜みなく愛は奪うものだ。